引越し 手続き 方法

引越し業者が語るお得な引越し方法

現役の引っ越し業者が語るお得な引越し法を伝授!

メニュー

春の引っ越しに向けて早目の準備を引っ越しのスケジュール引っ越し料金を賢くする方法引っ越しとマイナンバー現役引越業者社員のブログがスタート

春の引っ越しに向けて早目の準備を

春に向けて引っ越しを考えている方も多いと思いますが、例えば4月に引っ越したい場合は早く部屋探しを始めすぎるのもよくありません。

4月入居となると3月頃に契約することとなるかもしれませんが、3月前半までは良い部屋がほとんど残っていないことが多く、逆に3月後半から4月にかけては意外と良い部屋が空いていたり、家賃の値下げ交渉なども応じてくれることが多いので、4月に引っ越すからといって1月から部屋探しを始めると逆に損をすることもあるので注意しましょう!

もちろん3月中に引っ越しをしなければならない場合は別ですよ。3月入居となると普通に考えれば1月頃から部屋探しを始めて、2月中には契約しなければなりません。

特に1月~3月は良い部屋はドンドン契約が決まっていくので、迷っている暇もありません。

もちろん引っ越し業者も2月から4月はピークに忙しさになるので、早めに引越業者を決めなければ自分の希望する日時に引っ越しができなくなることもあるので気を付けましょう!

また特に新築マンション、アパートでは入居日が重なり、入居者の引っ越し日が決められている場合もあるので、その場合は特に早目に行動し、引っ越し業者を確保しておきましょう!


引っ越しのスケジュール

引っ越しが決まると、色々スケジュールを立てないといけません。

まず1番に決めないといけないのが引っ越し日です。これはできるだけ早めに引越の一括見積サイトなどを利用して決めなければならない最重要事項です!

この引っ越し日が決まれば、後は逆算して、荷造りを始める日にちや、各種手続きを行わなければならない日にちがはじき出されるので、まずは引っ越し日を決めましょう!

ちなみに引っ越し一括見積を利用する際は、○月○日が希望と1つだけではなく、可能な日時をいくつか入れたほうが安く引越ができる可能性が高いですよ。

さて引っ越し日が決まり、引越業者も決まったら、次に確認するのが転居届などの各種手続きです。

この手続きは早すぎてもダメだし、当然遅すぎてもダメなので、確実にスケジュールを組んで手続きしましょう。

あとは荷造りですが、これは引越業者から貰えるダンボールさえあれば、1人暮らしであれば最悪1日で、3人家族でも最悪3日あればできるので、それほど慌てて、早くからやる必要はありません。

よく引っ越しが決まったらすぐにダンボールなどを用意して、荷造りする人がいますが、逆に早くしすぎると必要な物まで荷造りしてしまうケースも多いので、荷造りは1~2週間前くらいに始めればよいと思います。

その他として早めに手を付けたいのが粗大ゴミです。粗大ゴミの回収は自治体によって異なりますが、受付から回収まで1ヶ月ほどかかる場合もありますので、引っ越しが決まったら、粗大ゴミを確認し、早目に回収を申し込みましょう。

引っ越し料金を賢くする方法

みなさん引っ越し業者を決めるとき、多くの人は値段や引越業者の知名度などで決めていると思います。その中でもやはり最も重視するのが引っ越し料金だと思います。

引っ越し料金は以下のサイトでも説明されていますが、値引き交渉するのが一般的となっており、逆に言えば引越業者の言い値で契約するとかなり不利な条件で契約することとなります。

https://www.discount-clearwater-hotels.com/2012/09/post-2.html

ただ世の中にはまだまだこのような情報を知らない情弱な人たちがいるのも現実です。

やはり高齢世帯はネットをあまりやらないのか、直接、引越業者へ電話して見積もりを取って、その見積金額のまま、何も言わず契約することが結構多いんですよ。

引越業者からすればこのようなお客さんは大変ありがたい上客ですね。逆に若い世代に多いのはネットなどで徹底的に調べ、料金の値引き交渉も相当な値引き額を提示しなければなかなか契約してくれないので、営業マンにとっては厳しいですね。。

ただ引越業者からすれば、最初に提示する料金はかなりボッタクリに近い金額を提示することが多いのですが、逆に若い世代や一括見積からくるお客には初めからある程度の料金を提示しなければアッサリ除外されるので、そのあたりのさじ加減が難しいところです。

引っ越し料金は色々な条件で異なるので、必ず自分で調べて、また一括見積なども利用して、賢く引越をしましょう!

引っ越しとマイナンバー

みなさん、引っ越しする時はちゃんと手続きしていますか?引っ越し手続きって面倒ですよね?住民票、運転免許証、保険証などはもちろん手続き必要ですが、その他にも住所が変わるので、会員証、銀行、携帯電話などなど、かなり住所変更の手続きをすることは多いと思います。

中にはこれらの住所変更手続きを忘れて、重要な書類等が新居へ届かなかったために更新を忘れたりすることもあるので、確実に手続きを忘れないようにしなければなりません。

これらの面倒な手続きを1回で完結させることができる可能性があるのが2016年に始まったマイナンバーです。マイナンバーには賛否ありますが、国民のさまざまな手続きを簡素化できるという点では非常に優れているのではないかと個人的には思います。

一方で日本国民の全てのデータを国が管理する事となるので、これはちょっと怖いですよね。。貯金はもちろん、借金額、仕事歴などなど、あらゆる情報が国に管理されると思うと、これはもう自由な国ではなく、完全に国が国民1人1人を監視下に置く社会主義に似たような感じもします。

と色々書きましたが、マイナンバーが本格的に始まると、引っ越しに伴う手続きは楽になる可能性が高いですよ、ということです。


現役引越業者社員のブログがスタート

現役で某引越業者で働いている27歳の浩平といいます。僕は3流大学卒業後・・・、今の会社に入社し、自ら希望していわゆる現場の仕事をするようになりました。

若いうちは現場で経験を積んで、ある程度の年齢になれば事務職等に就く予定となっています。やはり現場で経験しないといずれ社員を管理、指導する時に難しいですからね。

さていま9月は引越し業者にとってみれば転勤のシーズンなので、そこそこ忙しいです。

引越業者で働く人が嫌いな季節No.1が文句なく夏です!とにかく暑いのに身体を動かさなければならないので、も~汗が止まらず、服なんて1件でびしょびしょになることが多いです。なので1件ごとに服や靴下を交換することも珍しくありません(靴下は汗関係なく1件1件で交換しています)。

汗まみれの服で作業していると、やはり不快に思うお客さんも多いですし、何より会社からそのように指導されています。

一方冬はいいですよ。寒いけど身体を動かすとポカポカしますから、みなさん引っ越しするなら冬でお願いしますね(^_^)

ところで引っ越すときって色々手続きをしたり準備をしなければならないので大変ですよね?でも僕たちは引越しのプロなので、そのあたりのノウハウも心得ているので、何か聞きたいことがあったら引っ越し前に聞いてくれると役に立つと思いますので遠慮せずに聞いたほうがいいですよ。

と、まずはここまで。次からは引越業者だから知ることができる引っ越しに役立つ情報や、裏話。また引っ越し最中に起こった事件や事故などをお話しできる範囲でお伝えしていきます!

メニュー

春の引っ越しに向けて早目の準備を引っ越しのスケジュール引っ越し料金を賢くする方法引っ越しとマイナンバー現役引越業者社員のブログがスタート


Copyright ©引越し業者が語るお得な引越し方法 All rights reserved.

ログイン